サービス

夜明けに少年がビーチで散歩していた時、彼は一人の老人男性がヒトデを拾ってはそれを海に投げ込んでいるのに気付いた。 少年は老人に近づいて、なぜこのような事をしていたかを尋ねた。 老人は朝日の中に残された浜辺のヒトデは死んでしまうと説明した。 「しかし、このビーチは数マイルあるし、ヒトデは数百万います」と少年は言い「それで何かが変わるでしょうか?」と聞いた。 老人は手の中のヒトデを見て、それを安全に海へ戻しながら、「あのヒトデを変える事はできるでしょう。」と少年に言った。 ---------------- ローレン・アイズリー「星投げびと」




110回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示